オリバー不動産
富山の不動産情報 オリバー不動産
108ただいま公開中
2024.03.02更新

不動産のこと、まるわかり!
読んでるだけで詳しくなる!?

不動産お役立ちBLOG

毎日
更新

新築住宅・中古住宅・マンション・アパート・投資物件・ビル・駐車場・倉庫

2023年6月9日

中古住宅の耐震性

みなさま、こんにちは!!

最近ブログの投稿頻度が遅れてしまし、申し訳ないです、、、

頑張って投稿します。

 

さてさて、

中古住宅の耐震気になりますよね?!最近、地震が多いので尚更ですよね。

 

中古住宅は、前の所有者がどのような耐震対策を考えて建てたのか判断しにくい

 

面があります。そこで、一つの判断基準として有効なのが建築時期です。

建築確認をする上で1981年6月1日から導入されているのが『新耐震基準』です。

 

これ以降に建てられた住宅は『新耐震基準』を耐震性の評価軸としており条件を

 

クリアしていると言えるでしょう。

 

そもそも耐震設計基準が導入されたのは関東大震災がきっかけ。その後福井大地震・

 

宮城沖地震で甚大な被害が出た事で1981年の大規模な改正に繋がり、6/1以前は

 

「旧耐震基準」と呼ばれています。

 

中古住宅の耐震がどうなっているのか素人では判断出来ません。所有者がどこかの

 

タイミングで耐震工事をしている可能性もあります。見た目も分かりません。

 

このような場合に知っていると心強いのが【ホームインスペクション】です。

 

これは、建築士などの専門知識を持つ有資格者が購入者の代わりに建物を調査

 

してくれる制度になります。

 

素人だけでは気づきにくい瑕疵や傷み具合を全体的に見てもらう事が出来、調査の

 

内容に応じて補修がどの程度必要なのか?判断してもらえます。

 

費用は、一般的な目安で目視検査だけなら5~6万円前後。更に内部のチェックなど

 

機材を使う場合であれば、10万円前後程度。建物の規模や依頼する会社によっては

 

それ以上かかるかもしれないので、あらかじめ確認しましょう!!

 

 

#富山県 #富山市 #不動産買取 #中古買取 #空き家買取 #不動産買取り #中古買取り #空き家買取り #不動産買い取り #中古買い取り #空き家買い取り #株式会社オリバー #オリバー #LIFELABEL #ライフレーベル  #ZEROCUBE #ゼロキューブ #ZEROCUBEMALIBU #ゼロキューブマリブ #MALIBU #マリブ #住宅展 #完成見学会 #内覧会 #モデルハウス #新築 #リノベーション #中古住宅 #売土地 #土地 #分譲地 #四角い家 #緑のある暮らし #富山の家 #こだわりの家 #シンプル #ナチュラル #北欧 #サーフ #インダストリアル

株式会社オリバー 新築不動産事業部 堀田 健一

〒939-8211 富山県富山市二口町4丁目4ー4

フリーダイヤル 0120−555−401

https://oliver-architect.jp/(オリバー建築設計HP)

https://www.oliver-fudousan.jp (オリバー不動産HP)

<不動産をお探しの方も、不動産を売りたい方もお気軽にお問合せください!>

定休日:毎週・火曜水曜日/営業時間:10:00~18:00

 

 

 

 

 

カテゴリ:

富山の不動産情報

お気軽にお問い合わせください

0120-555-401
[営業時間] 9:00〜18:00 [定休日] 毎週火曜日・水曜日